佐古歯科 上野御徒町の歯医者

診療の特徴TOP >

予防歯科

予防歯科 TOP  |  PMTC

 

1."予防のため"に歯科医院へ通う「予防歯科」

お口の健康を保ち、一生ご自身の歯で健康に過ごしていただくためには、「治療すること」はもちろんのこと、「予防すること」のほうがさらに大切だと考えております。当院では歯科衛生士が、お口の中を快適で清潔な状態に保てる方法を丁寧にご説明いたします。

■予防歯科の必要性

治療後の再発予防は、歯垢を完全に落とさなければなりません。しかし、ご自身で毎日きちんと歯みがきをしていても、むし歯や歯周病の原因となるバイオフィルム(歯垢)や、コーヒー・タバコなどの汚れを完全に落とす事は出来ません。
毎日の正しいホームケアに加えて、歯科医院でのメインテナンスも合わせて行う事によって、お口の中の環境を健康に保つ事が可能になってくるのです。

■一度削った歯はもとに戻りません。
   生きたご自身の歯が、どんな人工の歯よりも丈夫で健康に良いのです。

むし歯になったり、歯周病になっても、治療すれば元通り、とはなりません。「予防」以外の方法で、ご自身の歯を保つ事は困難です。
できるだけ早く発見して治療しても、一度削ってしまった歯は人工物で補填していくため、歯と人工物の間から、またむし歯が出来てくる可能性が高いのです。
根管治療をしっかり行っても、血液の通わない歯は、血液の通う神経の通った健康な歯より弱くなっていきます。
まず未然に防ぐ事が、お口の健康には何よりも大事なのです。

1."予防のため"に歯科医院へ通う「予防歯科」

2.予防歯科の流れ

歯の検診→定期健診・メインテナンス

  • ●問診
  • ●歯みがき指導
  • ●レントゲン(定期健診では年1回程度。問診などの結果、必要があればその都度)
  • 歯周病原因菌検査〜10種類の菌を調べます〜(※保険適用外:2万円)
  • P.M.T.C. 〜歯科医院による機器を使った歯のクリーニング〜
       バイオフィルム(歯垢)、コーヒーやタバコの汚れ等をきれい取り去ります。
       口臭の予防、むし歯や歯周病の原因となる菌の増殖を抑えます。
  • ●治療が必要な病変があった場合、治療をします。
  • ●歯の詰め物や被せ物が劣化していたり、歯と合わなくなってきていたら、
       はずして新しく詰め替えるなど、メインテナンスを致します。

■特に自覚症状のない方も、定期的に歯科医院へ

特に自覚症状がなく、お口の中に問題を感じられない方でも、歯の検診を受ける事からはじめてみてはいかがでしょうか。
現在のお口の状態を知ることは、お口の病気を未然に防ぐために必要です。
歯科医院では、日頃のご家庭での歯ブラシで磨き残しやすいところなどをお伝えし、磨き方のご指導を致します。

その他、自覚症状がない浅いむし歯の発見や、初期の歯周病を見つける可能性もあります。

■治療が始ったら、予防歯科もスタートです。)

削って治療したところを、また削って治療する、という繰り返しで最終的には歯を失っていく”悪循環”を防ぎ、治療後の健康を保つためには、1〜2ヶ月毎のP.M.T.C.や、3〜4ヶ月毎の定期健診が不可欠です。

定期健診で定期的にお口の健康をチェックしている方は「痛くなる」「ものがはさまる」「歯ぐきから血が出る」などの自覚症状が出てから歯科医院に通う方に比べて、治療にかかる時間、治療の苦痛、治療費、ご自身の歯を失う数を、最小限にすることができます。

予防歯科の流れ

特に自覚症状のない方も、定期的に歯科医院へ