佐古歯科 上野御徒町の歯医者

佐古歯科のブログ


ワセリンで花粉症対策 −ワセリンの種類と塗り方-

  • 投稿日:
  •  | カテゴリ:

目と鼻の周りと綿棒で鼻穴の中にワセリンを塗ることで、鼻の粘膜が保護され、花粉をキャッチして体内に入りにくくする作用があります。とても効果的ですが、治療ではなく完全な防御でもないので、塗ってもくしゃみや鼻水が出ることもありますが、症状はかなり緩和されると思います。

効果は5時間〜8時間位は持続しますが、個人差があるので切れてきたらまた塗ると良いです。とれていきますから、塗り直せば効果が復活します。

市販では、100%白色ワセリンの「プロペトホーム」、無着色防腐剤無添加の赤ちゃん用のワセリン「ペトロリューム ワセリン(原材料・成分. ワセリン・香料・トコフェロール・BHT)等があります。プロペトホーム.jpgワセリンHG.jpg

いずれにしても天然物(石油由来)の原料ですので、合わない方だと皮膚に発疹・発赤、かゆみがでる場合もあります。すぐに顔に塗らず上腕の内側などに少量塗って、しばらく経っても発疹・発赤、かゆみがでなければまず大丈夫でしょう。


年末年始のお知らせ

  • 投稿日:
  •  | カテゴリ:

佐古歯科では、12月28日(木)から1月4日(木)まで休診とさせて頂きます。よろしくお願いします。


誤嚥性肺炎は体にすみ着く常在菌が原因

  • 投稿日:
  •  | カテゴリ:

口から考える命と心と病 
日本大学特任教授 落合邦康 先生の記事です。
日頃の口腔内のケアが大切です。
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20171003/med/00m/010/003000c



歯周病菌の出す組織破壊酵素が脳内ミクログリア活性化の引き金に 〜アルツハイマー病を悪化させるジンジバリス菌の病原因子を同定〜

歯周病が全身へ悪影響を及ぼすことがますます解明されていきます。

歯周病菌の出す組織破壊酵素が脳内ミクログリア活性化の引き金に 〜アルツハイマー病を悪化させるジンジバリス菌の病原因子を同定〜
 http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/169


活用が期待されるセルフメディケーション税制 (医療費控除の特例)

  • 投稿日:
  •  | カテゴリ:

「前に処方された抗生物質」残っていても、使用は厳禁

  • 投稿日:
  •  | カテゴリ:

抗生物質に限らず飲み残している薬は処分してください。

以下、一部転載

耐性菌」は世界規模の脅威!

今回、感染したのは、「悪夢の耐性菌」として近年、注目を集めている「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌」=CREです。カルバペネム系抗生物質は、重篤な感染症の「切り札」と言える治療薬です。

風邪との付き合い方&予防の基本

しかし、CREはカルバペネムも効かない腸内細菌なのです。米疾病対策センター(CDC)によると、CREに血流感染した患者の致死率は最大で50%に達するとして、警告をしています。

CREに限らず、1980年以降、従来の抗生物質が効かない「薬剤耐性」を持つ細菌「耐性菌」が、世界中で増えてきています。WHO(世界保健機関)は、2015年に「薬剤耐性は世界規模の脅威であり、全ての政府機関等が行動を起こす必要がある」と注意喚起を行っています。

引用元  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00010003-houdouk-life


「80歳で歯が20本以上」では足りない!? 認知症と歯の関係

自分の歯でしっかり噛めるためには、歯周病を予防することが大事で、認知症のみならず、心臓病、糖尿病などに一番です。
そのためには、歯周病の予防のために日頃の歯のお手入れがとても大切です。

AERA dot.より一部転載  https://dot.asahi.com/dot/2017080400125.html
65歳以上の4人に1人が認知症かその予備軍といわれる日本。認知症を予防し、発症しても進行を遅らせるためには「口の健康」が欠かせない。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、口から考える認知症、その新常識に迫っている。