金属アレルギー歯科治療|上野御徒町の歯医者 佐古歯科

診療の特徴TOP?>

金属アレルギーの原因はお口の中の金属?

金属アレルギーの原因はお口の中の金属? |  金属アレルギーの歯科治療とメインテナンス

 

皮膚のその症状の原因・・もしかしたらお口の中の金属が原因かも?!

治療した歯に使う歯科金属もアレルギーと関係があるのです。口内炎や皮膚炎などの原因となる場合もあります。


1.金属アレルギーとは

本来、金属自体はアレルギー性を示しません。また、金属の中には鉄や亜鉛などミネラルとして体に必要なものもあります。
では、金属はどのようにアレルギーを起こしてしまうのでしょうか。
それは、日常私たちが身につけたりしているアクセサリーなど、皮膚に接触している金属が汗などで溶けてイオン化し、皮膚や血液中などのタンパク質と結合することから始まります。これが、血液中のT-リンパ球という免疫細胞に抗原として認識されると「アレルギー」が成立します。
一度、抗原として認識されてしまうと、以後同様にイオン化した金属がタンパク質と結合して体内に侵入すると異常な過敏反応がおきてしまいます。これが「金属アレルギー」です。

金属アレルギーの多くはIV型というタイプのアレルギーに属します。このタイプのアレルギーはアナフィラキシーや蕁麻疹より症状が出てくるのに時間がかかるため「遅延型アレルギー」とも呼ばれています。

上半身金属アレルギー

2.金属アレルギーの検査・診断

金属アレルギーによって起こる病気としてよく知られているのが「接触性皮膚炎」です。
指輪、時計、ピアス、イヤリング、ネックレスやベルトのバックルなどにかぶれてしまう方がいらっしゃいます。
その場所に金属が接している場合は原因がすぐにわかりますが、いったん体内に侵入してしまうと、症状が全く違うに場所に出てしまい、原因の特定が困難になります。ピアスは皮膚を貫いて体内に金属が入っているので、溶出した金属イオンがタンパク質と非常に結合しやすく、しかも耳たぶのみならず様々な箇所に痒み、赤み、発疹などの症状がでることがあり、要注意です。

同様に、歯科では、口の中の冠(被せ物)や詰め物に使用される金属から溶けた金属イオンが、口の粘膜だけに留まらず腸や血管を介して吸収され、身体のどこかに皮膚症状が出るようになってしまいます。

佐古歯科では、どの様な金属でアレルギーを起こすのか、また、その金属が口の中のどの歯に使われているかを、皮膚科に検査診断を依頼します。

■金属アレルギーのパッチテスト

これは金属アレルギーに詳しい皮膚科でよく行われている検査で、金属イオンの試薬を背中などに張り付けて反応を診ます。ある金属にアレルギーがあると、全身の皮膚がその金属に感作されていると診断できます。

■金属アレルギーのOーリングテスト(オーリングテスト)

体にあった素材や金属を選定することが出来るので、当院では治療の判断材料としてOーリングテストも用います。

パッチテスト